今人舎bar 今人舎HP

  TOP   プロジェクトについて   『私の八月十五日〜昭和二十年の絵手紙』とは?   プレス・メディア   著者一覧   新刊情報   スタッフブログ  
 
  プロジェクトについて  
 

2004年に「私の八月十五日の会」から発行され、現在は絶版となっている『私の八月十五日〜昭和二十年の絵手紙』を、戦後70年の区切りをむかえる2015年春、今人舎で『私の八月十五日①昭和二十年の絵手紙』として復刊しました。また、その本に掲載されなかった方々の作品と新たに募った寄稿を合わせ『私の八月十五日②戦後七十年の肉声』『私の八月十五日③今語る八月十五日』『私の八月十五日④戦後七十一年目の証言』『私の八月十五日⑤戦後七十二年目の証言』として続刊を刊行。2017年8月現在、さらなる続巻の発行も計画しています。

こうした書籍の刊行とともに、今人舎では各巻の寄稿者の方々に自らの声で「昭和二十年の絵手紙」を朗読していただき、その音声を収録する試みを開始しました。2014年7月のプロジェクト開始からすでに115名(2017年6月時点)の方々の収録が終わっています。今後も全国を回り、一人一人に朗読をお願いしていく予定です。さらに、新たな協力者の文・絵の収録をおこなっていきます。

私の八月十五日とは? 著者一覧

 

収録風景

 

 

森田拳次先生ご署名

今人舎Ubar